FC2ブログ

MI・FORMA・DE・LA・MUSICA

「わたくしの音楽の形」 大体が間違った見方をしているであろう趣味の音楽話を…。

2007-02-17 [ Sat ]
いやー、歌った、歌った!(絶叫したと言った方が正しい)
腕振り上げた!頭振った!!
歌詞は覚えていないながらもブラガ同様、気合である。
「CARRY ON 」「 NOVA ERA 」「THE VOICE COMMANDING YOU 」
「ANGELES AND DEMONS 」…
この辺りの曲は大好きなので、多少は覚えていたけれど。
エドゥコール出来て感無量…(涙)
右隣のお兄さん、うるさかったよね。許してね(笑)
(左隣は同類なので…^^)

以下、追記にてザザッと語っております。長いデス(^^;)
神が憑いたようなブラガ信者がいたらしいが気づかなかった。
が、ANGRAでそれらしき信者を発見。
トランス状態とはあの事を言うのだな…。
ライヴで彼らはシャーマンになるのだね…。

悲しいかな、MCは全く意味分かってません!全て気合です(くそう;;)
通訳欲しいよとか、字幕出してよとか、イヤホンガイドつけてよとか(え;;)
あほな事を考えてしまった…。

エドゥは可愛い。本当に可愛い。で、カッコいい。
「何、何~~?」と日本語を話す彼に心臓鷲掴みされたよ…(しょーがねーなー;;)
ブラガのハンズィに「獅子の咆哮」とタイトルつけた時、
対するエドゥはどうしようと考えた。見た目はアフガンハウンドだ。
しかし、猫科の動物で表現したくて「黒豹の雄叫び」としました。
しなやかな肢体とカッコいいパフォーマンス、非常に愛嬌のあるMC。
くそうっ!(すっかりやられたらしい…笑)

そして、生キコ&キコのギター!!(滝涙)カッコいいよっ!!
生で見て、聴く事が出来てこんなに嬉しい事はない。
ラファエルの控えめな、でもしっかりしたパフォーマンス、グッジョブ!
(ごめん!エドゥとキコをメインに見ていたのでそうとしか感じられなくて)
ANGRAとブラガのカップリングツアーと知った時、
ファンなら期待したであろう「WINDS OF DESTINATION」の再現。
(ANGRAのアルバムでハンズィがゲストで参加している曲)
この日、叶えられて良かった、来て本当に良かったと
心の中で滂沱の涙を流すのであった…。

アンコール、パートチェンジしての2曲は自分も知ってる曲でよかった…;;
(アイアン・メイデンとかメタリカあたりやられても分かんなかったから)
フェリペ@ベースのギターで「SMOKE ON THE WATER」が聴こえた時は
さすがに興奮した。この時はラファエルがヴォーカルを。
アキレス@ドラムのルックス、実はかなり好みです(^^)
ANGRAのメンバーはみんな好青年だねっ!いいねっ!

総括
ブラガのアルバムで聴いていたハイクオリティな音の数々がライヴで再現出来るのか。
期待と不安を持って参戦。
ライヴは別空間で、ライヴなりの音があると改めて感じる。

ANGRAの持つ独特のリズム感が大好きな自分。
ライヴに合うなぁーとつくづく思う。

初めてのカップリング・ツアー。
特徴の違うふたつのバンドを同時に楽しむ事で
それぞれの色をより強く感じられて面白いものだと感心。

終了は午後10時。
ふらふらのくらくらで渋谷駅に向かう。
時々よろけながらも気持ちが軽くなった自分を感じて爽快だ。

よかった。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

2019-12

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

PROFILE

  • Author : 奈緒美
  • 超初心者メタラー。
    腐女子。
    音楽の好みは雑食&偏食。
    好きか嫌いか(オール・オア・ナッシングなタイプ)
    自分の感覚だけで生きている。
  • 管理者ページ

RECENT TRACKBACKS