FC2ブログ

MI・FORMA・DE・LA・MUSICA

「わたくしの音楽の形」 大体が間違った見方をしているであろう趣味の音楽話を…。

2007-02-27 [ Tue ]
途中までですが、アップしました。
残りはまた後日。
» READ MORE...
スポンサーサイト



2007-02-25 [ Sun ]
HR/HM好きさんに100の質問(というタイトルだったかどうか忘れましたが;;)に、答えてみます。
まずは50問まで。以下、長いです。

残り50問は回答に時間がかかりそうです;;
いつとは言えませんが、そのうちアップしますね。
» READ MORE...
2007-02-25 [ Sun ]
20070217184942.jpg

グランド・イリュージョン「ヴュー・フロム・ザ・トップ」
頂点からの眺め…か。すげえタイトルだな(笑)
スウエーデン出身のメロディアス・ハード(ロックだよね!?)バンドの2nd。
オープニングのパイプオルガン風シンセにやられる。
メロディアス…と謳われるだけあって美しい旋律の嵐!
本当に北欧系のバンドって、綺麗な曲を書くんだな…。
全く初めて聴くバンドだが、既に解散しているらしい…。
1stはこのアルバムの後に聴いたけれど、好みとしては2ndかな。
1stも充分美旋律を聴かせてくれるけれど、こなれ具合みたいなものが2ndからは感じられる―そんな理由(^^;)
ハイトーンヴォイスは1stよりパワーアップしている。
個人的に「そこまでやらんでも;;」と思わずにはいられない箇所もあるけれど、基本的に上手いからなぁ。
コーラスの美しさや、疾走感のある美旋律、しっかりした演奏も自分好み。
一服の清涼剤として聴くのがいいかと。
2007-02-23 [ Fri ]
EDGUYのアルバム「ロケット・ライド」に付いていたDVDを半分ほど見ました。
2004年、ブラジル・サンパウロでのライヴの模様。
3曲だけでしたが、トビアス・サメット(ヴォーカル)ナイス・フロントマンだ!
ガンガンステージ上を飛び回っているのにもかかわらず、ヴォーカルが安定しているってすごい…!!
孤高の存在で観客が崇高の目で見てしまうフロントマンも悪くないけれど、一瞬にして引き込まれてしまう雰囲気は天性のものだろうと思うな。
昨年、初めてBON JOVIを見た時も思ったけれど。
ライヴでないと分からないよね、あの引き込まれる感覚。

EDGUYのライヴ、行きたいっ!!来ないかな~~~~。
ZENOも来ないのかなー…。
…あれ、ウィグ・ワムもジ・アンサーもライヴやるんだってっ!?
む~~~ん…これも運命ってやつですか…色々と複雑(まだちゃんと聴いていないけど、もしも大好きだったらライヴに行けない事がくやしいじゃないか…;;)
2007-02-22 [ Thu ]
20070222191834.jpg

何となく気持ちがざわつく時に聴きたくなる音楽。
自分にとってはこのモーツァルトのレクイエムとバッハの無伴奏ヴァイオリン曲(ソナタ&パルティータ)が双璧。
レクイエムはカール・ベーム指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の盤ですが、
他の演奏も聴いてみたいなぁ。と、思いつつ貧乏性なのでCD購入は考えていませんけれど…;;
聞く所によるとベーム指揮のレクイエムは「(テンポが)遅い」らしいので、聴き比べてみたいのだが。
ウィーン少年合唱団が歌っているレクイエムを聴いた事がありますが、
大人たちが歌うレクイエムに慣れていたせいか、いきなり可憐な感じでした(^^)

夜眠る前にレクイエムを流していた時期がありまして、よかったですよ。
よく眠れるとかではないですが、気持ちが落ち着く気がして。
ここの所、夜もロックやメタルだったから再びレクイエム引っ張り出して聴いています。
バッハの無伴奏ヴァイオリン曲はもっぱら仕事場で。
これがいいのだ(^^)ちなみにヴァイオリンはヘンリク・シェリング。

今月中に「ジーノロジー1・2」と「アヴァンタジア―ザ・メタル・オペラ―」(かれこれ半年も密林のウィッシュリストに入れっぱなしで、やっと手に入れたのだ!!2もそのうち…)の感想が書けたらいいな。
ウィグ・ワムとジ・アンサーはショップで入荷待ち。
そのうち、そのうち。
2007-02-22 [ Thu ]
もう一丁、ライヴDVD鑑賞記。
こちらも旧ブログに載せていたものを移動しました。
内容はほとんど変えていません。
» READ MORE...
2007-02-22 [ Thu ]
kamelot.jpg

旧ブログに載せていたものをこちらに移動しました。
自分の為です(^^;)
内容は追記にて。長いですから、興味のある方のみどうぞ。
» READ MORE...
2007-02-21 [ Wed ]
20070221164321.jpg

ガンズ&ローゼズのTシャツを購入しておきながら
まともに彼らの曲を聴いた事がないのは流石にまずいだろう…;;
という事で、ベストアルバムを中古で購入。
スキャンダラスな噂は何となく耳にしていたけれど。
ミュージシャンは純粋であるからこそ摩擦や軋轢も生まれるのだろうな。
正直に生きようとすると枠からはみ出して戻れなくなって辛いこともあるよね。
それにしても、ベストアルバム14曲中5曲がカバー曲だったとは。
ボブ・ディランの「ノッキン・オン・ヘヴンズ・ドア」は誰かもカバーしてなかったけ…;;
んー、思い出せない…。

自分はどうもこの辺(80年代後半~90年代)のアーチストは名前しか知らない状態でほぼ全滅(聴いて来なかったってことです)
時間が出来たら少しづつ、遡ってみようと思います。
…しばらくは無理だと思うけど(^^;)
2007-02-19 [ Mon ]
20070217184933.jpg

先日、夜眠れない時にずっと頭の中で鳴っていたよ…MEGADETH…。
という事で、今回はライヴの予習もそこそこに聴いておりました
彼らのベストアルバムです。

「スルメ」とはよく言ったものだと思いますね、えぇ!
» READ MORE...
2007-02-17 [ Sat ]
20070217184920.jpg

ライヴでグッズを買わない!と決めて行った訳がこれ↑。
ライヴ直前に、昨年末注文して入荷待ちだったTシャツが入ったと連絡が来てですね…。
代金を支払わねばならなかったのです。
そのTシャツが本日届きました!!わいvv

どちらも女性用Mサイズ。若干ガンズ…の方が大きい。
ちびTのLサイズ位かな。丁度いいサイズだった。
ストラトヴァリウスの方はぴたぴたサイズ。
着られない事はないが自分としてはぴったりし過ぎるかなー。
同じMサイズでもメーカーによって違うのだ。バックプリントなし。
普段使いの出来るデザインを選んでよかった。早速着ちゃうよ(^^)
5月のストラトヴァリウスのライヴ、い、い、行きたいなぁ;;
パラ銀止めてそっちにしようかな…。悶々…;;
2007-02-17 [ Sat ]
いやー、歌った、歌った!(絶叫したと言った方が正しい)
腕振り上げた!頭振った!!
歌詞は覚えていないながらもブラガ同様、気合である。
「CARRY ON 」「 NOVA ERA 」「THE VOICE COMMANDING YOU 」
「ANGELES AND DEMONS 」…
この辺りの曲は大好きなので、多少は覚えていたけれど。
エドゥコール出来て感無量…(涙)
右隣のお兄さん、うるさかったよね。許してね(笑)
(左隣は同類なので…^^)

以下、追記にてザザッと語っております。長いデス(^^;)
» READ MORE...
2007-02-15 [ Thu ]
ベテランバンドの公演ゆえか、客層に幅があるように感じた。
平日仕事帰り、スーツ着用サラリーマンの姿も見える。
後方一段高くなっているスペースの一番前、ステージ左側に陣取る。
ステージ全体が見渡せるし、距離はあってもメンバーの姿がよく見える。
ここだと後ろからの押し寄せもなく、初心者には安心で何よりの位置。
一緒に参戦した歴戦の勇士が気遣ってくれたのだ。ありがたい。

自分のメインはANGRAとはいえ、ブラガも充分気合が入る。
アルバムを3枚しか聴いていないながらも何とかかんとかくっついて行った。
噂には聞いていたけれど、大合唱状態である。
あれは一緒に出来ないとかなり寂しいけれど、そこは気合!(笑)
1. War Of Wrath→2. Into The Storm は、彼らのライヴオープニングの定番らしい。
おぉ!生で聴くハンズィ・キアシュ(Vo)の咆哮。
音はよくないと思ったけれど、その中に入り込めば関係ない。
「Nightfall 」や「Fly」「Mirror Mirror」等、さびの部分だけでも一緒に歌えて嬉しい。
さすがに大人で堅実でしかもパワフルなパフォーマンス。
ハンズィの咆哮に酔い、アンドレ(王子)@ギターの美しさに見惚れる(そこか;;)

ブラガ→ANGRAに公演が移る間、トイレに行って驚いた。
男性トイレに列が出来ているっ…はじめて見た!!
まさにメタルの人口は圧倒的に男性が多いという事をこんな所で実感するとは。

以下、後日。
2007-02-15 [ Thu ]
暫定的ではございますが(それが決定になる場合もあり;;)
簡単にライヴレポ。

ブラインド・ガーディアン&ANGRAのJAPANツアー最終日、行って参りました。
只今、右腕筋肉痛。

カップリングツアーの場合、日によって出演順が変わるのだそうですねー、へぇ~~~~(初めてだから!!)
最終日はブラガ→ANGRAの順。

メタル系バンドのライヴは初めて、会場も初めて。
とりあえず会場のHPで大体の場所は確認。原宿駅から5分、渋谷駅から8分とあったので迷わず原宿駅で下車。
きっとそれらしき人々がいて、くっついて行けば大丈夫よ!
と思ったが、それらしき人が分からないっ!原宿の方が渋谷よりも同類が分かりやすいかなーと思ったのに;;
後で「季節柄、Tシャツに上着を羽織ってるから見分けがつかなかったのよ」と同士に言われ、成る程!と思う。
とにかく、代々木第一体育館を目指せば間違いないと勘頼りで歩く。
程なく「○○、この先の信号右折」との看板が!(神の助け)
無事、辿り着く。

以下、後日(すいません;;)
2007-02-08 [ Thu ]
簡単に今後の予定をお知らせ。
(いや、誰も期待はしてない事は承知です。備忘録だと思って下さい;;)

●グランド・イリュージョンの2nd
(実は…今日届いた…注文したのだよ…)
●「ジーノロジー」1,2
(これは2を手に入れてからだから、ちょっと先)
●メガデスのベスト
(聴いているうちに何だかいいね~~~!と思うように;;)
●エヴァネッセンスの1st
●スキッドロウの「SLAVE TO THE GRIND」

この辺の感想を書きたいなと。予定は未定ですが。

●出来たらライヴレポ(これはどうかな;;)
2007-02-07 [ Wed ]
しばらくこちらの更新が滞ってしまうかと思います。
その前にちょっとだけ!
「ジーノロジー」の1が届いたのだ…注文したのかよ;;(はい、しました)
来週末辺りには2を注文したい。ので、それが届いてからまとめて感想書きたいなと。
でもでも、ちょっとだけ。
「トゥゲザー」、名曲じゃないのか!?名曲だよね!?
マイケルヴァージョンもよかったね♪
でも、どちらかというと初めにトミーヴァージョンを聴いてしまったのが刷り込まれているようで、声の伸びる感じが好みかな?
アレンジは違うのかなぁ…よく分からんのだ;;情けないが。
フェアウォーニングも聴きたいなぁ…あぁ、注文出来るのは来月辺りかなぁ;;
2007-02-05 [ Mon ]
20070205182242.jpg

ダン・リード・ネットワーク。
このバンドをご存知の方はいるだろうか?
(知ってるって人に会った事がなくてですね;;)
今で言うところのイケ面ヴォーカル、ダン・リードを中心にしたバンドで、ミクスチャー・ロックなどというカテゴリーに分類されるらしい。
1988年デビュー。3枚のアルバムをリリース。93年にベストアルバム発売以来、解散したのだろうか。当時、一番聴いたバンドだったのにその後洋楽から離れてしまったから分からないままだ。
そんなに好きだったくせにアルバムはベスト盤を除いて売却してしまったのだが;;
もしかしてと思い、ヤフーオークションを覗いてみたら数枚出品されておりましたよ。
なんと、そこでベスト盤の説明書きを読んで驚いた。
ヌーノ・ベッテンコートが2曲、ゲスト参加しているというではないか。
» READ MORE...
2007-02-04 [ Sun ]

YOU TUBEで導師J君の友人がやっているメタルバンド(デス・メタルかな?)の映像が見られるとの事。
リンク貼っておきますね。興味のある方はよろしく。

こちらバンド名は「Tyrant of Mary 」
2007-02-03 [ Sat ]
20070131184736.jpg

ジーノの2nd(と言った方がいいのだろう)
98年に発売されたオリジナルのデジタルリマスター盤。
» READ MORE...
2007-02-02 [ Fri ]
20070201222826.jpg

…こちらのブログタイトル、続けると「FOR・MADE・MUSICA」に見える。へぇ~~…。
蛇足:「MUSICA」は「U」にアクセント記号がつくのですが、入力の方法が分からなくてそのままです(恥;;)

昨日アップしたエヴァネッセンス、カテゴリーを「メタル」に変更。
いわゆるゴシック・メタルとオルタナティヴ・メタルに分類されていたので(ウィキペディアによる)
カテゴリー分けは難しいなぁ…;;

画像のアルバム、感想は追記にて!
» READ MORE...
2007-02-01 [ Thu ]
20070131184750.jpg

密林のお薦めページとショップに新譜として並んでいるのを見て。
ずっとずっとジャケットアートが気になって、どうしようかなー、どうしようかなーと思っていたエヴァネッセンスのアルバム。
中古CDショップにあったのだ!これは買わねば!と勇んで購入。
» READ MORE...

 | HOME | 

2007-02

PROFILE

  • Author : 奈緒美
  • 超初心者メタラー。
    腐女子。
    音楽の好みは雑食&偏食。
    好きか嫌いか(オール・オア・ナッシングなタイプ)
    自分の感覚だけで生きている。
  • 管理者ページ

RECENT TRACKBACKS